仕事と家族はまさに一体だった!

お金・仕事

佐藤康行著書『天運を拓く 実践法』より引用

 

(M.Aさん 38歳 山梨県 レストラン店長)

 

 

「何をやっても上手くいかないし、面白くないんです。親ともしっくりいかず、兄弟ゲンカもたびたびです」

 

そんなAさんが、真我が開き全く別人のように優しく変わった兄の姿を見て、何かあるに違いないと思い、お母さんや奥さんも連れて私のところに来たのでした。

 

Aさんは、自らの心のおくを探っていって、実は自分で自分の心にフタをしていたことに気がつきました。本当はお母さんに甘えたいのに「甘えちゃいけない」と、自ら母親との関係を拒絶していたことに気づきました。

 

Aさんは、お母さんが本tのはとても自分のことを愛してくれていたことに気づき、そして自分自身も愛そのものであることを自覚することができたのでした。そして次の瞬間、Aさんは思わずお母さんのところに飛び込んで行き、二人で抱き合って泣いて喜び合ったのでした。

 

今までは、相談の一つもせず、家を建てるときでさえ勝手に建てていたのですが、今では何でも両親に話せるようになり、普通の親子関係になったのでした。

 

親子の関係が改善されたと同時に、仕事も変化してきました。

 

それまでは、お店の従業員もすぐに辞めていくことが多かったのですが、今ではすっかり定着するようになったのです。そればかりか、一人一人のやる気も腕も上がり、すっかり地域でも評判の繁盛店にまでなってしまったのです。

 

Aさんは、真我を開き、両親に猛烈に感謝できるようになりました。それと同時に、店まで順調にいくようになったのです。これは、Aさんが両親に対して感謝の気持ちを持ったために、従業員もAさんに感謝の気持ちを持つようになったということなのです。Aさんが両親に対して反感を持っていた時は、従業員も店長であるAさんに反感を持っていたのです。仕事と家族はまさに一体だということを彼は証明したのです。

 

 

 

\お知らせ/

ゴマブックスよりオンライン書店『佐藤康行書店』2020年8月28日(金)オープン
https://satoyasuyuki-syoten.goma-books.com


読むだけであなたの運命を大好転させる
無料メールマガジン配信中


コメント

タイトルとURLをコピーしました