車いす生活を自分の財産に変えた!

使命・天命

(実際のお手紙の内容です)

 

 

佐藤康行先生

謹啓

梅雨のうっとうしい時候です。ご無沙汰致しております。

 

私は3年前に、四国愛媛の伊予三島市で、御講演下さいました折、車イスで参加させて頂いた者でございます。

 

あの時、佐藤先生は、私の姿を見るなり「君は素晴らしい財産を持っているねえ。こんな財産、誰も持ってないよ」と、仰って下さいました。

 

私は、目からウロコが落ちました。あの日以来、私は誰も持っていない特別ないい物を持っているんだ!!という気持ちを常に持てるようになり、せっかく気付かせて下さった長所だから、何とかして活かさねば、と考えるようになりました。

 

そして、もう一つ、佐藤先生は、あの日、「心からワクワクすることをしなさい」とも仰られました。

 

私は、事故に遭った時、工学部の学生でした。元々、エンジニアの道に進みたいと思い大学へ通っていたのですが、不自由な身体となり、諦めておりましたが、自分が本当にしたい仕事は、その様な理工系の仕事であります。

 

何とかどこかに良い仕事はないものかと熱望しておりましたら、勉強会で知り合った方から、設計をする為のコンピュータソフトを開発、販売している会社の社長と出会うことができました。

 

図面を描くという作業は、現在ではコンピューターがしてくれます。コンピューターを使うことならば、不自由でもできるのです。私はその社長がデモして下さっているのを見て、ワクワクしました「これだ!!」と思いました。

 

自分のしたいことと、その社長様は「君の目を見ていたら成功できる、ということが分かった。全面的にバックアップするからやってみろ」と仰って下さり、仕事をさせてもらえるようになりました。ひとつ目標達成です。

 

今は少し信用もできたのか、仕事量も増えてきました。やはり、人よりも何倍もの時間がかかるので、土、日も関係なく仕事をしております。不自由をいい訳にしたくありませんから、人の3倍努力5倍すれば何とか一人前のことはできます。

 

少しオーバーワーク気味で、疲れますが、佐藤先生どんなにしんどくても楽しくて楽しくてしかたがないのです。

 

いつの間にか、どんなことでも楽しみに変えてしまうフィルターを身につけたようです。

 

佐藤先生の御言葉で、目からウロコが落ち、それからというものは、気味悪いくらい人生がうまく前進しております。

 

佐藤先生のひとことが、私にとりましてまさしく「成功と幸福を呼ぶ言葉」となりました。ありがとうございました。

 

文末になりましたが、以前に立ち喰いステーキのテレビを拝見いたしました。不快な時候ですが、呉々にも御健康にはご留意され御活躍下さい。

 

益々の御発展を心よりお祈り申し上げます。敬具

平成7年6月15日 桂誠司

 

 

(実際のお手紙です)そして、後日談もご紹介いたします。

後日談(1)

 

桂誠司さんの、佐藤康行先生とのエピソードが詳細に紹介(文末に写真)

以下に、その記事を抜粋させていただきます。

 

 

平成四年秋に伊予三島市で行われた講演会に出席して、桂さんは劇的に生まれ変わる。

 

その時の講師は佐藤康行さん。「ほんとうの自分 ほんとうの人生」などの著書があり、「魂の開発講座」というユニークなセミナーを主催している。講演会場で、佐藤さんは桂さんにこう言った。

 

車椅子姿は貴重な財産

「あなたは素晴らしい財産を持っているじゃないか」何を言うんだ、この人は、何が財産だと桂さんは驚いた。

 

「物事をプラスに捉える発想をしなさい。この会場に300人くらいいるけど、君みたいに素晴らしい財産を持っている人は一人もいない。その瞬間から車椅子姿が財産になる。なぜなら、世に天才といわれる人は、あまりいろいろなことはしないで、一つのことに専念する。ホーキング博士は体が不自由だから大科学者になれたのかもしれない。逆に健康でいろいろやりすぎて中途半端な人生を送る人もいる。

 

車椅子の格好をチャンスと思って専念できることを探しなさい。それに徹底的に専念して生涯をかければ誰にも負けない天才になれる。健康な人が絶対味わうことのできない深い人生を味わうことができる」

 

以来、桂さんは、この言葉を噛みしめて考えるようになった。そして、自分のこの障害は他人の持っていない特殊なもの、この「長所」を何とか生かしていこう、と思うようになった。

 

佐藤さんにはまた、「心からわくわくするようなことをしなさい」とアドバイスされていた。

考え方、生きる姿勢を変えた途端、桂さんの人生は好転しはじめた。

以上抜粋

 

後日談(2)

また、他の雑誌掲載からも、以下に抜粋させていただきます。

(記事抜粋)車イスの生活になると、おっくうで外に出なくなる。家に閉じこもりがちだった桂さんだが、あるとき、裸一貫からレストランチェーン「ステーキくいしんぼ」を作り上げてきた佐藤康行社長の講演を聞きに行った。「ステーキくいしんぼ」はそのボリュームで若者に人気があり、首都圏、中部、関西に四十八店舗展開している。講演に痛く感動し、挨拶に行くと、佐藤社長は会うなりこう言った。

「君はすごい財産を持っているね。それはここにいる誰も持っていないものだよ。それを生かして頑張れば、絶対成功できるよ」

ーーそうか、ぼくはすごい財産を持っているのか。そういうふうに考えるのか。

それは桂さんを刮目させた視点だった。

 


読むだけであなたの運命を大好転させる
無料メールマガジン配信中


コメント

タイトルとURLをコピーしました