卵巣癌で4キロの腫瘍、転移した癌がきれいに消えた!

健康・病気

(ご本人からの感謝のお手紙)

 

「真我一色」で癌を克服しました!

2年前の11月、卵巣癌が見つかり、手術を受けたのですが、摘出した腫瘍は既に4キロにもなっていました。

 

真我や仲間のおかげで不安はほとんどなく過ごすことができましたが、手術後は抗がん剤治療を受けることになり、その抗がん剤治療は、想像以上に私には辛いものでした。

 

その後、佐藤先生に面談をしていただき、このように言われたのです。「癌は手術や抗がん剤だけではダメなんだよ。根っこが何なのかに気付いて、そこに手を付けないと、何度でもまた癌になるんだよ!」と。

 

原因と結果の法則です。しかし、私にはその根っこが何なのか全く見当もつきませんでした。

 

佐藤先生は「別れたご主人を人として愛せますか?」と私に尋ねられました。私は、別れた主人には感謝していると思っていましたが、正直なところ、佐藤先生のおっしゃることの本当の意味がよくわからないでいたのです。

 

その後も抗がん剤治療を受けながら、辛い日々を過ごしていましたが、そんな中、自分がこれまで、どれだけ離婚した主人や子供たちの気持ちをわからずにいたかなど、いろんなことに気付き始めたのです。

 

しばらくすると、今度は癌が脾臓にまで転移していることがわかり本当にショックを受けました。しかし、この時も佐藤先生からは「全部うまくいくから大丈夫!」という信じられない言葉が返ってきました。

 

ただ、現実は厳しく、更に三度目の癌の転移を医師から告げられ、自分ではこれ以上どうしていいかわからず、何に気付けと言われているのか、何をすればいいのか、ただただ涙が溢れ、死への恐怖で眠れない日々が続きました。

 

そんな中、佐藤先生の特別基礎編の参加を決め、佐藤先生に現状を伝えると、先生は厳しい口調で「自分の身体は自分で治しなさい!」と私に言われました。

 

その日の特別基礎編で、あがり症の私は勇気を振りしぼり、皆さんの前に出て体験談を話したのです。

 

そして、不思議なことに「癌は転移しましたが、自分で治します!」と無意識にそのような言葉を発していることに驚きました。

 

その週末、私は「天使の光コース」(真我開発講座)を無我夢中で受講し、その頃から、次々と不思議な流れを感じ始めました。そして、ようやく佐藤先生に言われた「自分の身体は自分で治す」ということが腑に落ちたのです。

 

その日の夜から「真我一色」を心に誓い行動開始です!

 

奇跡の言霊を半紙に書き、佐藤先生のCDを真剣に聞き、部屋を断捨離し、瞑想を続け、言霊を読み、不安や恐怖が出そうになったら「真我の実践」を唱え続けました。

 

更に、病院の治療はキャンセルし、定期検診のみにしてもらいました。すると、これまでの出来事の点と点がすべて結びつき線になり、ついに、自分自身の「真我」に確信が持てたのです!

 

不思議な流れの中、何とガンが消えていたではありませんか!本当に感謝と驚きでいっぱいです。

 

佐藤先生、本当にありがとうございます。

 

佐藤先生、そして、皆様に心から感謝いたします。私はこれから新しい一歩を踏み出します。真我に出会う前はこんな人生があるとは思いませんでした。これからが私の本当の人生です。真我で仕事をして、真我でいきていきます。

 

ありがとうございました。


読むだけであなたの運命を大好転させる
無料メールマガジン配信中


コメント

タイトルとURLをコピーしました