父の虐待、壮絶なトラウマから幸せいっぱいの人生に!

奇跡的な体験
Back view of embraced grandparents enjoying while looking at their family on a field in autumn day.

(佐藤康行の元に寄せられた感謝のお手紙です)

 

(Tさん・女性・44歳)

 

私は両親の虐待を受けて育ちました。両親の決めた髪型、服装、価値観は絶対で、特に父の暴力暴言は40年以上続く壮絶なものでした。

 

両親は日々激しい喧嘩ばかりで、私は大人になってからすら仲裁に入ると殴られ続けていました。

 

私が30歳の時に両親は離婚。又、最愛の夫とは第二子を流産後、逆恨みされ、精神肉体完全に崩壊してしまいました。

 

悟りを求める事で一時的に救われるも、後に義理父にいたずらされ、男性恐怖症になる中、当時の夫はショックで地方で逃げてしまい、後に離婚になりました。

 

 

数年後、娘を抱え体も弱くなり働けない最中、今現在の夫と再婚し、やっと幸せな家庭が築けると思った矢先、今度は夫が豹変「働け!金持ってこい!」と怒鳴り脅迫され、理由は教えないまま無視され、八つ当たりされる日々になり、生活費をほとんど貰えなくなりました。

 

新婚なのに、失意のどん底で2013年に私は心の学校アイジーエーに電話をしていました。

 

 

10年前から「何かあったらここだ」と思っていたからです。費用がないのに、真我開発講座の申し込みをしました。ある日、ポストを開けたら、差出人不明の現金10万円が入っていました。何かが変わる予感がしました。

 

真我開発講座を受講中、父の命の炎が消えかけている直感がありました。

 

遠く離れて暮らす父へ連絡を入れました。すでに昔の父ではありませんでした。私は「春から、こちらで一緒に暮らさないか?」と言うと、父は涙し、まるで別人のように優しい父に変わっていました。

 

その後、父は脳梗塞で倒れ、母と私がサポートしました。何故か父と母がラブラブになり入籍しました。

 

その頃、弟夫婦に離婚話が出て、真我開発講座を薦めました。受講後は夫婦円満になり父とのわだかまりも消えました。

 

 

父が亡くなるまで私の自宅の離れで両親は夢のように仲良く幸せいっぱいで暮らしてくれました。

 

子供の頃から私が一番見たかった、両親が仲良く安心感に満ちた風景を毎日見るたびに「奇跡だ」と実感し、嬉し涙を流す日々でした。

 

今も私の真我の追求を父が天国から守り導いてくれている幸せを感じています。ありがとうございます。

 

 

(お手紙ここまで)


読むだけであなたの運命を大好転させる
無料メールマガジン配信中


コメント

タイトルとURLをコピーしました