父の殺傷事件は最高の愛だった!

奇跡的な体験

(佐藤康行の元に届いたお手紙と実際のやりとりです)

「我が家の殺傷事件」

 

私が幼稚園生の頃、我が家で殺傷事件が起きたようです。妹は死に、私は外傷を負いました。が睡眠中の出来事であり顕在意識の記憶はないと思っています。

 

事件を知るキッカケはお婆さんが怒ったとき『おめぇは昔、お父に出刃包丁で刺されて心臓から血が吹き出とった!お母ぁはビックリして小便もらして!』と言うと母は『お婆さん、それだけは言わんで!』と言っていたことです。

 

しかし、私が母に手を引かれて近所の店から帰っている映像が記憶に出て来ます。

 

その中で母は「お富さん」を歌っていて『死んだはずだよお富さん・・・』それを考えると、きっと死んだとみえとお富さんを重ねて悲しさを耐えていたのかな?と今にしてみれば思います。

 

後年(10年ほど前)新宿にあったアイジーエーと縁ができた後、鬱っぽく仕事に就けず当時アイジーエーのスタッフに相談していた時に佐藤学長が来られ、

 

『Yさん全て愛だったんですよ!お父さんは死ぬ気だったんですよ。でも幼い子供を残すのは不憫で、先に殺して後から自分が死ぬ気だった、ところが我に帰り死ねなかったですよ』と言われたのですが、

 

私自身記憶になく他人事のように学長の言葉を聞いていたのでしょう?学長から『Yさん!あなたに言っているんですよ』と言われたことを覚えています。

 

『Yさん!何を言ってもいいですか?お父さんのあったこと   いいですか?』『私はなぜか10年前に聞いたYさんのお父さんの話覚えているんですよ!それは凄いことで・・・・・この満月の法則でしか解決できないんですよ!』と言われました。

 

が!正直その時も私の心は『あ、あ、そうなんですかねぇ????・・・』と鈍いかぎりの心の反応でした。

そして!そして!今から1週間ほど前、母の家に行った際、父がなぜ犯行に及んだのかのこととなりました。

 

何度か聞いたことはあるのですが「塩害で田んぼが完全に全滅した精神的ショックより」ということは聞いていたのですが、本当に父は事件のことを何と言っていたのか?その事件の時私はどうだったのか?なぜ事件の大きさの割に1年そこそこで帰って来れたのか?その他諸々質問してみたのです。

 

すると『なぜ?』という点で、母が刑務所に何度か面会に行った際、一度だけ話したそうです。

 

何と!それが学長が言われた通りだったそうです。

 

つまり、父は自殺を考えた時、我が子が可愛く忍びなく、まず子供を刺し自分もと考えたそうですができなかったそうです」

また、その他のことも母が話してくれました。

 

母の話を聞くなかで「Y家の因縁を断つ、私の為必要!」と考えて聞いたのですが、母は『昔の事を思い出すと寝られんようになる』と言っていました。

 

父は6年前に亡くなりましたが、事件後宗教に入り『自分は業が強いので、生きてる間に消えるかどうか』と言っていたことも今にして思い出されます。                                                以上 平成29年5.6記す

 
(お手紙ここまで。以下は佐藤康行がお手紙のご本人とのやり取りで話した内容の音声を文字にしたものです)
佐藤康行:Yさんね、例えば、そのままでほっといたらお父さんは殺人鬼、子殺しとして二度と弁明できないまま死んでしまったんだから。
そいうことは、お父さんを殺人鬼のまんま死なせたということ。もし、事件の話が孫や子孫に漏れ伝わると「おじいちゃんは殺人鬼だ」それも「子殺しなんだ」と、ずっとずっと子孫たちに伝わっていいのですか?お母さんは、殺人鬼のご主人を夫に持った妻になる。それでいいんですか?
よく無いですよね。
Yさんも一生涯「自分の親父は子殺しのとんでもない奴だ」と、周りの人もそう思ったまま。そのまんま、いいですか?
Yさん:よく無いです!
佐藤康行:誰にとっても良いことはない。お父さんお母さんにとっても、子供たち孫たちにとっても、誰にとっても良いことは一つも無い。
しかし、お父さんは実は本当に子供を思って、先に自分が死んじゃったら、小さい子供ですから、ずっと苦しい思い、親父が先に自殺していないと、悲しい思いをさせる。その時に、そういう判断しか出来なかった。
それで、まず子供が逝ってから、死んでもらってから、最後に自分も死のうと。たまたま出来なかっただけなの!もう究極の時、愛の判断、お父さんは愛の塊だった!お父さんの愛!この世に無いくらい、最高の愛が出た瞬間なの!
その時、もし本当に。まずYさんが佐藤康行と縁があって、ここから父親の究極の愛を持った人と思っていったら、
天国に逝ったお父さんに通じます。今から通じる!肉体が無いから早いんです。そして、お母さんにも。お父さんは、もう刑務所にも入ったんだし、罪も償った!まず、心の分で解消しなきゃ!誰にとっても良いこと無い。
お父さん!こんなに愛深き人だ!
そういうふうになれば。全部、その愛深きお父さんの血筋を、また魂をついだ子供、子孫たちにずっと行くわけです。
(ここまで)佐藤康行の元に届いたお手紙と実際のやりとりです

読むだけであなたの運命を大好転させる
無料メールマガジン配信中


コメント

タイトルとURLをコピーしました