たった1時間で受刑者に起きた奇跡(その1)

奇跡的な体験

(佐藤康行セミナーでの講話より引用)

私は元々はレストランチェーンの社長だったのですが、どういうわけだか色々な所でお話をする機会が多くありました。その中で印象的だったのが、札幌刑務所で講演をやったことがあります。

 

800人近くの受刑者が入っていました。犯罪刑務所ですから、悪い人だと世間からは恐れられうような人達ばかりなのです。そこで私は講演をすることになったのです。

 

刑務所にいるような人達はどういう心なのか、またせっかく出所しても何回も逆戻りの人が多いそうです。7割8割が逆戻りするらしいのです。それは心が変わっていないからです。

 

1時間の講演の後日、札幌刑務所から2通の手紙が送られてきました。まずは、一人の受刑者のかたの感想文をご紹介します。

 

 

 

「人生自由自在を聞いて」(M.Hさん)

講演を聞いてとても感動いたしました。そしてその内容を聞いて、ほんとうに実感させられることが、たくさんあり、とても私のためになる一時間の講演だったように思います。

 

なかでも、とくに感じたことは、先生の話の中で、家族を大切にしないやつは、他の人など幸せにできないどころか、自分も幸せになれないというところです。

 

ほんとうにそのとおりだと思います。私の人生もその一言だったように思います。私はほんとうにこの講演を聞きながら、自分に問いかけました。ほんとうに俺のことをいわれているような気にもなりました。

 

私は今まで、三十何年間の人生で、ほんとうに周りの愛すべき人たちを裏切り、迷惑をかけ、どれだけ、不幸にしてきたかわかりません。ほんとうに自分勝手なことばかりして、この刑務所等にも世話になっています。いつもここに務めている間は俺はもう、今度出所したときは、絶対にやらないぞと思いながら出所するのに、また自分勝手なことをして、何度もここでの生活です。

 

その度に、娘や父母に心配をかけ、迷惑をかけ、寂しい思いをさせてきた大馬鹿者と、講演を聞きながら、自分のことが頭の中に出てきたのです。

 

家族を大事にしないやつは、といわれたとたん、頭を何かで殴られた感じでした。私には、中学生になる娘が一人います。妻とは別れていて、今娘は私の実家で私の父母と暮らしているのですが、私が父に出した手紙は住所の書いてない手紙です。

 

私はそれだけでも、ほんとうにいつも娘に済まないという気持ちなのです。そうですよね。どこに今時誰が自分の父に出す手紙に、娘が見たら困るので住所の書かない手紙を出している悲しさ・・・・・・。

 

自分が悪いのです。この気持ちは、いかに自分が家族を不幸にさせ、心配をさせているかの現れだと感じています。

 

この事実がある間は、私は幸せになれないと、今回の先生の講演を聞いて、また頭を先生の言葉でガーンと殴られた気がします。

 

考えてみると、その住所のない手紙で、娘はうすうす感じているみたいです。私の父にいったそうです。「パパ、またなの」と。それだけで、家族を不幸にしています。ほんとうに反省し、もうこりごりだと思っています。

 

私は話を聞いて、これから二度と住所のかけない手紙は、絶対に書かない人生を送ろうと心に決めたのです。

 

話は私事になってしまいましたが、ほんとうに先生の話とおりに、これから家族を絶対大事にしていくことを決めました。

 

そのためには、やはり話にあったように、やるぞとやるぞという気合いと努力、そして自分を信じて頑張ること。何事も頑張らないと、仕事もうまくいかないし、家族も自分も幸せになるために、頑張りたいです。

 

ほんとうによい話をありがとうございました。私も頑張り、私の周りを幸せにすることを考えながら、生きていこうと思っています。

 

ほんとうに佐藤先生の講演で、目が覚めました。頑張ります。ほんとうにありがとうございます。最後に私の体が財産です。ほんとうにありがとうございます。

 

(以上M・Hさんの感想文ここまで)

 

M.Hさんは、1時間の講演を聞いて、考えが変わってしまいました。

私は札幌刑務所で講演をするときに、二つのことを、まず気を付けて講演しました。

 

一つは、「こいつらは悪い奴だと思わないこと」 もう一つは、「教えてやろうと上にならないこと」です。私の体験談をそのままありのままを、ありのままを思い切り話そうとしただけです。

 

後から札幌刑務所の所長に「いかがでしたか?」と電話をしてみたのです。800人もいれば、中には反感を持ったり、色んな人がいてもおかしくないから。そんな人はいませんでしたか?と聞いたのです。「いや、一人もいませんでした。全員感動していました。一人残らず」

 

私は嬉しかったです。大変な私の自信になりました。人は話だけでも生まれ変わることができるんだと。たった1時間です。

 

私は800人近くの囚人の前に立ったときに、話をしようと思ったら、彼らの頭の上にネズミ色のまるでタバコの煙のような、ネズミ色のモヤがパーっと見えたのです。私の目の錯覚かな?と思った。そのときに「よし!彼らのこの頭の上のモヤを全部取っ払ってやる!私の話で」それで話をしました。

 

1時間話をして「ありがとうございました」って頭を下げて、パッと顔をあげたらそれがすっきり消えてました。

 

そのようなことも、私がレストランの社長を辞めて、こちらの真我をやるきっかけの中のひとつにもなりました。

 

(以上、佐藤康行セミナーより引用)

 

以下は実際届いたお手紙の写真です↓

f:id:shinganojissenkai:20190916112610g:plainf:id:shinganojissenkai:20190916112653g:plain

f:id:shinganojissenkai:20190916112731g:plain

 


読むだけであなたの運命を大好転させる
無料メールマガジン配信中


コメント

タイトルとURLをコピーしました