余命3ヵ月を宣告された悪性リンパ腫を克服!

健康・病気

(真我 心の専門家:佐藤康行公式サイトより引用)

 

〝問題から答えにたどり着く〟では、もう、ほとんど答えにたどり着いた人はいないといってもいいです。

 

尖った山があるとして、その山の頂上が「答え」だとします。あなたは山の麓=下界に立っています。その麓の世界にはいろいろな出来事や問題が起きるわけで、そこから山の頂上に向かっていく。

 

問題を解決する「答え」が頂上にあるからですが、ほとんどの人がその「答え」にたどり着くことなく死んでいきます。

 

あの釈迦やキリストですら、「答え」にたどり着いたとは聞いたことがありません。私が伝えているのは、そうではなく、頂上=「答え」から麓に向かっていくということです。

 

少し前にこんなことがありました。

 

私のところに悪性リンパ腫、いわゆる血液のガンに侵されて余命3カ月と宣告された男性が相談に来られました。男性は「もう生きるのに絶望した」と言うのです。離婚して子供とも別れ、親とも断絶して、ガンにもなって、もう最悪だと。

 

よくよく話しを聞くと、彼が離婚した原因は、彼の親が持っていた土地に家を建ててそこに奥さんと子供と住んでいたけれども、お父さんが何か騙されて、土地ごと全部持っていかれてしまい、奥さんと子ども共々家を出されて路頭に迷うことになってしまったと。

 

すると今度は奥さんの親が烈火のごとく「話が違う!」と怒り、両方の親とグチャグチャになって、当然、奥さんともうまくいかなくなって離婚したという。

 

さらに子供の養育費を少し払っていたけれども、奥さんが「お金はもういらない、アンタと縁を持ちたくない」と言い出し、子供のためと思ってやっていたことも切られ、そのうえ仕事もうまくいかなくなり、そしてガンになってしまったと。

 

もう絶望だと、そう彼は話してくれました。彼からすれば、もう問題だらけというわけです。

 

しかし、私はそれを聞きながら、答えが先=別の言い方をすると「満月を前提にする」ということで聞いて、そして彼に「あなたはすごい恵まれているじゃないですか!」と話しました。「最高の環境じゃないですか!」と。最高の環境=愛だけの環境という「前提」です。

 

そのとき彼は「どうして?」となりまして(笑)。

 

そこで彼に「あなたの周りは素晴らしい人ばかりですよ」と、続けて「素晴らしいお父さんですね。息子のあなたに土地を提供してくれて…たまたま騙されて土地を持っていかれて…

 

人間ですから間違うこともあるし騙されることもありますよ、お父さんは人がよくてたまたま騙されたんでしょう、でも、それまであなた方が家族でその家に住めたんですよ!」「奥さんの親もいい親ですよね。自分のかわいい娘や孫が、いきなり路頭に迷ったら怒るのは当たり前ですよ。子供や孫を愛しているから怒るんですよ。親として当然というか、すごい愛情ですよ!」「奥さんも本当にいい嫁さんじゃないですか。もう離婚したらしいけれど、普通、離婚したらもっとお金をくれって言うでしょう?でもお金はいらないって言っている。

 

あなたの病気のことを知ってか知らずか、そのお金はあなたの治療費に当てられるじゃないですか」「何よりもあなたはすごくいい人間ですよ。お金を送るなって言われて、それで落ち込んでいるんですから。普通なら喜ぶところですよ。あなたは本当に優しい人なんですね、子供思いですね」「ですから、何の問題もないですよ、あなたの環境は。いい人たちばかりですよ」……と。

 

これが満月からの捉え方というか、満月という前提…「答え」から問題に向かうという例です。こういう発想…捉え方だとそのような言葉が後からどんどん出てくるのです。相手の真っ暗闇の言葉は全然受けません。満月という前提、みんな素晴らしい・みんな愛の人という前提だからです。

 

彼は今まで彼の考え方で生きてきて、ガンになってしまったわけです。ですから、自分のその考え方でこれからも生きるのか、それとも私の話したような考え方を受け入れて、つまり満月・答えから問題に向かう生き方でここから出発するのか…全然違いますよね。

 

そして彼は、それから半年後くらいに私を訪ねてきました。

 

私の顔を見るなりポロポロ涙を流して「ありがとうございました」と深々と頭を下げました。なんでも、悪性リンパ腫のガンはきれいに消え、医者から、半年に一度の定期検診に来ればいいと言われたそうです。

 

後から聞いた話ですが、それまでは病院で私の講話を毎日聞いたり、完璧愛ポストのワークを一人でやっていたらしいのです。

 

その後また「すごいことが起きました」と報告に来ました。

 

ある大手の会社から高給でスカウトされたと…。また数カ月後に「重役に抜擢されました」と報告してくれました。すごいですよね。何もかも全部好転しているのです。

 

三日月ではなく満月…まんまるの満月しかない…(満月の法則の)その満月を認めたときに三日月(問題)は消えるわけですよ。

 

三日月が消えたわけではなくて、欠けている部分がまんまると認められたときに三日月は消えてまんまるに見えるという…本当の自分…その偉大なる姿を認めると問題は消えていく…という原理です。すると、彼のように驚くべき不思議なことがいっぱい起きるわけです。

 

すべてが満月、まんまる…先祖を含め、すべてが協力者に…目の前の人たちも同時に協力者になる…という前提で、みんな素晴らしい人だという前提にする!出会う人すべて素晴らしい人だと前提にすることは可能ですよね。前提にするとスピードアップします。もう全部素晴らしいということですから。

 

悟ってからやるのではなく、もう最初から悟っている…という前提でいくのです。これから悟るではない。私はすでに山の頂上にいるという前提です。
そして頂上から下界に向かっていくようにやっています。また、「みんな満月」という前提です。ですから私は教えてやろうという発想でもありません。

 

みなさんが悟っているということに気づいていただくための話しをしているのです。あなたが自分を犬や猿だと思っていたとしても、もともと人間なんですよ、と言っている…そういう感じです。

 

問題から問題を解決しようとしない!問題を解決しようとして問題を聞いていると、ますます問題になってしまいます。問題から答えに向かう学校の勉強では、1+1が問題で=2が答えですね。

 

でも、2を先に見てしまってから1+1(問題)を見たら、もう問題ではなくなるわけです。人生の問題もそのように先に答えを捉えてからいくと、問題は消えるのです。

 

もし答えが見えないときは、答えを「前提」にすることはできるでしょう。この人の言っている事やっている事はすべて「愛」だ、自分に一番大事なことを気づかせてくれている「愛」なんだという「前提」にする。すると、過去の出来事もすべてそのように思えてくる、すなわち問題が消えるのです。

 

例えば、私は脳出血で倒れて左半身麻痺になりましたが、そのことによって、たとえ麻痺が治らなくても幸せになれる、心はどんな状況であれ今この瞬間に幸せになれるということをしっかりとわかりました。

 

心・満月の心の大切さ、肉体を超越することの大切さが本当にわかりました。そして今、心の病で苦しんでいる方々のお役にも立てているわけです。

 

「すべてよかった」のです。それを、これから起きるであろうこともそのように受け止める、「答えを先にする」ということです。

 

問題が起きて問題として自分のところに来ても、自分の目に入った耳に入った瞬間にもうそれは「良きこと」に変わる…答えに変化していく…問題は消えていく…満月が浮かび上がれば、欠けた三日月は消える、ということです。

 

これはそのまま教育にも医療にも…世の中を変えることに全部使えます。これからさらに加速してやっていこうと思います。世のため人のためになるはずですから。

(真我 心の専門家:佐藤康行公式サイトより引用)

 

(写真:感謝の報告に訪問されたご本人と佐藤康行)

 

 

 


読むだけであなたの運命を大好転させる
無料メールマガジン配信中


コメント

タイトルとURLをコピーしました