修行は不要だった!

悟り・宗教

佐藤康行著書『天運を拓く 実践法』より引用

 

(S.Yさん 53歳 千葉県 主婦)

 

最近、精神世界の勉強を熱心にしている人が増えているように思います。Yさんも、そんな中の一人でした。彼女は長年、精神世界に興味を持ち、いろんな団体や先生のところに足を運んでは勉強をし、教えに従って修行を積んできました。

 

しかし、彼女にはどうしてもまだ納得ができず、さらに探究していく中で、私のところに訪ねてきたのでした。

 

「どこで勉強しても、いくら教わった通りに修行をしてみても、どうしても不安で仕方がなくなるのです。そして結局、人に甘えたり依存してしまう心が出てきてしまうんです」

 

私は、不安は業から出てくる心であること、そしてそのさらに奥に真我の心というものがあり、そのことさえ自覚をすれば不安も消えることなどを、図を描きながら説明しました。

 

彼女にとって私の話は、今までいろんな所で教わってきたものとは全く違った、とても新鮮なもののようでした。

 

そして、彼女は、自らの心の奥深くを探っていき、遂に一番奥に内在していた真我を自覚することができました。その時、彼女は喜びのあまり歓喜の涙を溢れさせ、やがてとてもすっきりした表情になりました。その時彼女は、まさに目からウロコが取れたような顔をしていました。

 

「今まで私は一生懸命、修行をしてきましたが、そんなことをしなくても良かったということに気づきました。あれ以来、腹が坐って、どんなことが起こっても動揺しなくなりました」

 

 

一生懸命、勉強しても修行を積んでも、本当に悟る人はほんの一握りです。勉強の悟りは知識の悟り、修行の悟りは心と肉体の悟りで、本当の悟りとは言えないのです。

 

本当の悟りとは、生命の悟りのことを言うのです。私たちの命はすでに完璧です。完璧である命を悟るには、時間はいりません。ただ、生かされているということを、魂から自覚すればいいだけなのです。そこにおは、不安も迷いも、一切の煩悩もないのです。

 

 

 

 

\お知らせ/

ゴマブックスよりオンライン書店『佐藤康行書店』2020年8月28日(金)オープン
https://satoyasuyuki-syoten.goma-books.com

 

 


読むだけであなたの運命を大好転させる
無料メールマガジン配信中


コメント

タイトルとURLをコピーしました