完全に自分を認めきれた喜びの体験談

悟り・宗教

(佐藤康行著書「生命の覚醒(いのちのめざめ)」より引用)

 

矢沢綾子さん(仮名・42歳・介護員)は、ずっと〝本当の生き方〟を求めていました。仕事についても、「本当にこのままでいいのかな?本当に、この仕事でいいのかな?」という気持ちを持っていました。

 

そんな中、真我開発講座と出会い、それ以来、仕事に対する迷いがなくなりました。「やっぱりこれが、今、自分のやるべき仕事なんだ。今の仕事を思いきりやろう!って思えたんです」

 

仕事に対する迷いがなくなった彼女は、今度は「自分を認めることが大事なんだ」ということに気づきました。しかし、もう一歩、自分自身を強く認めることができないでいました。

 

それから約四ヶ月後のことでした。彼女は、私のCDを聞いていると、突然ポロポロ泣き始めたのです。そのCDには、やはり真我開発講座を受講したある男性の話が入っていました。

 

「真我になかなか辿りつくことができない・・・と私が悩んでいると、佐藤先生からこういわれました。『そこなんだよ君の問題は。いつも人と比較して、自分を卑下して、人を恨んで、妬んで、自分を貶(おとし)めている。そこに気づかないと、真我は開かないよ』」

 

彼女の胸に、この言葉が響きました。「ああ、私もこうだったんだ!だから自分を認められなかったんだ」

 

その後、ようやく彼女は、完全に自分を認められるようになったのです。

 

「すごく楽になりました。仕事に行っても、もう楽しくて楽しくて・・・。前は『なんで、こんなに疲れるんだろう?』って思っていたんです。でも、今は全然疲れないんですよ。毎日、感動することがいっぱいあって、〝もう幸せ!〟っていう感じです」

 

 


読むだけであなたの運命を大好転させる
無料メールマガジン配信中


コメント

タイトルとURLをコピーしました