宗教のこだわり、恐怖、不安から抜け出した!

悟り・宗教

(佐藤康行著書「生命の覚醒(いのちのめざめ)」より引用)

 

山口県の上村瑶子さん(仮名42歳)の家の庭には長い間、先祖供養のため、中に氏神様を祭った大きな石が置かれていました。ある時、その石があまり大きいので、夫婦で話し合って取り除いたら、その後悪いことばかりが続いたのでした。

 

そんな時、真我開発講座のことを知り、彼女はご主人と二人で講座を受けました。真我に目覚めた彼女からは、石に対するこだわりがスーッと消えてしまいました。形ではないことが、わかったのです。形などなくても、絶対神は守ってくれるという確信が持てたのです。

 

実は、彼女が受講しようと思ったのは、例の石のことだけではありませんでした。彼女自身が行き詰まっていたからでした。いつも心がモヤモヤしていて、何をしてもうまくいっていなかったのです。さらには、ご主人の経営する建設会社もうまくいかず、ご主人のことをあれこれ責めてはケンカをし、また、そんな自分自身も責めて苦しんでいたのでした。そして、何とかそこから抜け出したいと思っていたのでした。

 

彼女は、講座でもう一つ、大きな気づきを得ました。「なんで今までこのことに気づかなかったんだろう!と思いました。

 

これまでは、『絶対私が正しい』と思ってがむしゃらにやってきたことが、みんな間違いだということに気づいたんです。主人にも本当に申し訳ないことをした、と思いました。それから、主人に対して全く愚痴が出なくなりました。今までは『なんで私ばっかりこんなに苦労するんだろう』って思っていたんです。でも今は、何があっても『これは良くなるための薬。これから先は絶対良くなる』って思えるんですよ。だから、いつも明るいんですよ」

 

彼女たち夫婦が明るくなると、それと同時に、九歳の娘も大変明るくなりました。前は、学校でテストの点が悪かったりすると、くやしいのと残念なのとでよく泣いていたのですが、今は『もうちょっと勉強しなさいってことね』と笑えるような余裕が出てきました。

 

さらに、たった二日間で、長年握り締めていた宗教へのこだわりも消えてしまいました。彼女から「私が正しい」という思い込みがすっかり消えて、本当にスッキリとした心になることができたのです。

 

上村さんの例は、私たちがいかに迷信に動かされているかということを教えてくれます。氏神様の石を取られたら不安だとか、方位方角が良くないとか、今まで持っていたお札を放すと罰が当たるよとか、私たちはいろんな迷信で動かされています。もう、そういう迷信から卒業しなければいけません。仏像も、溶かせば単なる真鍮(しんちゅう)なのです。お札も、単なる紙切れなのです。石は石なのです。

 

なぜ、私たちはそういうことに早く気がつかなければいけないのでしょうか。それは、そういったことを利用して、悪用する人が出てくるからです。そういう心を利用して、お金を儲けようとする人も出てきます。その結果、いつも恐怖に苛まれ、不安に苛まれる心の犠牲者も出てきます。

 

心臓を動かしているのは、私たちの意思ではありません。毛細血管はつなげると地球を一周するくらい長いといわれていますが、その毛細血管の隅々にまで休まず血液を送っているのも、私たちの意思ではありません。食べたものは消化吸収し、血液となり肉となり、要らないものは前と後ろから排出されます。この心臓は、ある一定のリズムで動いています。目は暗いところに行くと、パッと瞳孔が開きます。現代技術でいくら研究しても、この目はできません。男女が出会って妊娠し、子どもが生まれる頃には、自然とおっぱいが出てきます。

 

まさに、これは宇宙の神秘なのです。私たちは、自分であって自分ではないのです。まさに神の現れ、といってもいいのです。私たちが頭で描く自分ではなく、もっと大きな見えない力に動かされているのです。自分の意思で動かせるのは、手と足と、目と口が少し動かせる程度で、ほとんど見えない世界で動かされているのです。これを神といわずして、何というのでしょうか。

 

人間が作った真鍮だとか、紙切れだとか、そんなものを私たちは拝んでいるのです。もう、本当のことを知らなければならないのです。もし、敢えて仏像を拝むとしたら、お釈迦様のあの柔和な美しい顔が心に反射をし、その心があなたの心から出てくる呼び水として拝むことです。

 

神はあなたの中にいるのです。そして、あなたは神の現れなのです。それがわかれば、何も怖がるものはありません。宇宙には方位方角はありません。宇宙は、あなたが愛そのものに目覚めていった時に、全方位になるのです。あなたの行く所総てが喜びと愛と感謝に満ち溢れた世界が、無限に広がっていくことでしょう。

 

これからは、神である本当の自分に目覚めていくことが大切なのです。

 

 

(佐藤康行著書「生命の覚醒(いのちのめざめ)」より引用)


読むだけであなたの運命を大好転させる
無料メールマガジン配信中


コメント

タイトルとURLをコピーしました