お客さんや社員と一緒に生きる調和の経営を実践!

お金・仕事

佐藤康行著書『天運を拓く 実践法』より引用

 

(T.Kさん 53歳 福岡県 建設会社経営)

 

社員20名の建設会社を経営するKさんは、私のところに訪ねて来てこういいました。

 

「中小企業は、核になる2、3人がちょっとおかしくなるとすぐに倒産してしまうほど、基盤が弱いんです。だから、もっと人を育てて、強い会社にしたいんです。技術も営業もある程度やれば誰でもできるようになるんです。大切なのは総て心の問題だと思います」

 

Kさんは私から見ても物欲がなく、人格的にとても素晴らしい経営者です。そのまず自らが真我に目覚めて本物の経営をし、そして優秀な人材を輩出して行こうと考えたのでした。

 

Kさんが真我を開き、真我から両親を見たときに、溢れんばかりの感謝の気持ちが出てきました。

 

「親父が遠洋漁業で時には2年も家に帰れず、過酷な労働に耐えて自分を育ててくれたことに改めて感謝できました。本当に、親父は偉い人だと思えました。今モノを作る世界にいるけれども、これも手先の器用な母親のお陰なんです」

 

その後、Kさんは本物の人物に出会えるようになってきました。ある高名な経営コンサルタントの先生とも非常に親しくなり、経営のさまざまなアドバイスをもらうようになりました。そして、今では、お客さんや社員みんなと“一緒に生きる”調和の経営を確信を持って実践しています。まだ目に見えた変化はないとおっしゃっていますが、これから大いに楽しみです。

 

 

Kさんは、もともと大変意識の高い経営者なのですが、意識次元とは際限のない世界です。Kさんがさらに意識次元をアップさせることによって、新しい出会いが始まり、新しい発想や情報が集まってきたのです。

自分自身が意識の成長をしないで。意識の高い人ばかりを追い求めても、波長が合わなくなり関係は続きません。いい情報を入手しいいアイデアを出していくには、自分自身の意識の向上が先決なのです。

 

 

 

\お知らせ/

ゴマブックスよりオンライン書店『佐藤康行書店』2020年8月28日(金)オープン
https://satoyasuyuki-syoten.goma-books.com

 


読むだけであなたの運命を大好転させる
無料メールマガジン配信中


コメント

タイトルとURLをコピーしました