倒産寸前の青果店が繁盛店に!

お金・仕事

(佐藤康行著書「生命の覚醒(いのちのめざめ)」より引用)

 

福岡で青果店を経営する稲本富夫さん(仮名50歳)が、最初に私の所に訪ねて来た時は、今にも会社が倒産寸前という状態でした。

 

 

四日後に三百万円の手形が落ちるにもかかわらず、貯金通帳はゼロ、現金は今日のわずかばかりの売上金しかありませんでした。そして、残りの四日間、店の売上をどう多めに見積もっても、百二十万円にも満たないというのです。

 

もうどんなにがんばっても、四日後の手形を落とすことはできません。もちろん、金融関係にも総て当たりました。しかし、返事は総て〝ノー〟でした。まさに彼は、絶対絶命のピンチに立たされていたのです。

 

そんな時、ある方からこの講座を勧められたのですが、彼には受講するお金もありません。そこで彼は「もうどうせ倒産するんだから、講座の費用なんてあってもなくても同じようなものだ」と思い、レジからなけなしのお金を握り締めて、私の講座を受けに来たのでした。

 

そして、二日間の講座を受講した翌日、彼から私の事務所に電話がかかってきました。

 

「佐藤先生、奇跡が起きました!」
「どうしたんですか?」

 

「今、封書が届いたんです。どこからかなと思って見てみると、『国民金融公庫』って書いてあるんです。〝ああ、また断りの手紙だな〟と思って中を開けてみると、『緊急融資』と書いてあるんですよ!それも三百万です!」

 

三百万ということは、ちょうど落ちる手形の金額です。それに「緊急融資」ということは、印鑑を持っていけばすぐお金が下りますよということです。彼は早速、融資を受けに行き、そのお金で手形を落としました。

 

稲本さんは、自分に起きた奇跡を「これはきっと、真我が開いたからだ」と確信しました。すっかり元気を取り戻した彼は、新たな計画を思いつきました。彼の奥さんが小さな焼き鳥屋を営んでいたのですが、その焼き鳥屋をチェーン展開して、五十店舗作ろうというものでした。

 

それからしばらくして、「宇宙無限力」を受講した時に、その焼き鳥チェーン店の計画が瞬間に消えたのです。「ああ、私はまた同じミスを繰り返すところだった。今までの失敗は全部、私の欲から出発していたんだ。私は間違っていた!」そう、彼は気がついたのでした。

 

そして、今ここに果物一個を買いに来ているお客様、そういうお客様一人一人に対する感謝の心が湧き上がってきたのです。お客さんが果物を買ってくれている姿を見て、涙が溢れ出てきたのです。

 

「こんな気持ちになったことは、何十年か仕事をやって初めてです。ああ、これこそ感謝の心なんだなあ」彼の中から、本物の感謝の心が湧き出てきたのです。お客さんと話していても、知らない内に手を合わせてしまい、慌てて手を離すこともよくありました。

 

そしてある日、店に立っていた娘さんが、五百円の特価で売り出していた果物を、間違えて定価の千円いただいてしまったことがありました。稲本さんは、お客さんに申し訳ないことをしたと思い、すぐ詫び状を書いて、おつりの五百円と果物を入れてお客さんに送り届けました。そのお客さんは本当に驚いて、店までお礼をいいに来てくれました。

 

それから、店の売上はどんどんと伸び始めました。ただ、こんな調子でついついお客さんにサービスをし過ぎてしまうものだから、「売上は上がったけれど、粗利は悪くなっているだろうな・・・」と彼は思っていました。ところが、月末になって計算してみると、売上も粗利も両方とも良くなっていたのです。

 

「なぜなんだろう?」と彼は不思議に思いました。しかし、その理由もわかりました。今まではあまり売れなかったから、売れ残って腐ってしまった果物は捨てていました。しかし、売上が上がり、回転率が良くなることによって、結果的に粗利も上がったのです。

 

彼はその後、驚くような体験をたくさんしました。借金の問題も不思議な体験が重なり、総て解決していったのです。娘さんも「お父さん、前とは顔色変わったね」といってくれるようになりました。彼は今、喜びと感謝でいっぱいの生活を送っているのです。

 

これから二十一世紀の本物のビジネスは、野望のビジネスではなく、感謝のビジネスなのです。まさに稲本さんは、そんな本物のビジネスを実践された典型的な例だといえるのです。

 

(佐藤康行著書「生命の覚醒(いのちのめざめ)」より引用)

 

 


読むだけであなたの運命を大好転させる
無料メールマガジン配信中


コメント

タイトルとURLをコピーしました