息子への心配が「この子は治る!」という確信に変わった!

健康・病気

(真我開発講座を受講した方の変化)

 

 

診療内科の薬を20年飲み続けている長男の事が心配で、受講を決めました。心の病は親子の関係が原因であると、断言し切っている事に私自身思い当る事がありました。

 

2日間の受講中(現在は1日)、父母に対する思いもよらない感謝の気持ちがこみあげてきて、幾度も涙してしまいました。

 

特に私には厳しいばかりの無口な父との思い出がよみがえり、そこに無口で無器用な父の私への深い深い愛があったと体中で感じ、なつかしくありがたく、60年以上も前のその時にタイムスリップして父に感謝しました。泣きながらありがとう!!と叫びました。

 

2日間の講座中、多発性関節炎で足をひきずっていたはずなのに、体中がポカポカしてきて、足がスッスッと動いていておどろきました。思わず杖を忘れてしまいそうでした。

 

2日間を終えて自宅に戻ると二男と主人が待っていました。感動を話し続けていたら二人共2時間も耳をかた向けてくれました。

 

そこへ長男がアルバイトから戻り「あなたのおかげで東京に行って来れた。すばらしかった」とお礼を言いました。それから長男を相手に深夜まで語りました。

 

まゆつば気味だった、主人と二男は、私の話す様子をみて何かを感じてくれたらしく「おかあさん、又心の学校に行ってきな」と言ってくれました。嬉しかったです。

 

そして、つい3日前の1月7日いつものように長男と語り合っていた時の事です。疲れ切っていてつらいと言う長男の目を見つめた時、瞳の中に力強い光があるのを見ました。20年間無かった明るい瞳でした。ああ、この子は治る!!そう思いました。

 

この20年間つらそうな息子の顔を見続けてきた私は、心の中に灯がともりました。ありがとうございました。

 

 

(受講感想文の写真)

 


読むだけであなたの運命を大好転させる
無料メールマガジン配信中


コメント

タイトルとURLをコピーしました